こんなの、見たことありますか!?

0




    この本を見たとき、自分の目を疑いました。

    なぜならこの本、

     

     

     

     

     

     

    ・Amazon.comでレビュー平均4.9点

     

    ・236件のレビューのうち、89%の208件が満点の5つ星

     

    ・2点以下のレビューなし(98%が4つ星以上)
     

     

     

     

     

    ・2015国際ブックアワード 一般ビジネス書部門 優勝

     

    ・2015全米インディーズエクセレンス賞 

     

       一般ビジネス書部門 優勝

     

    ・2015読者が選ぶ国際ブックアワード 

     

       ノンフィクションビジネス部門 金メダル受賞
     

     

     

     

     

     

    ・2015パリ・ブックフェスティバル賞 ビジネス書部門 優勝

     

    ・2015サンフランシスコ・ブックフェスティバル賞 

     

       ビジネス書部門 優勝

     

     

     

     

     


    という、すさまじい評価を受けていたからです。
     

     

     

     

     

     


    「会社の売上を何倍にも拡大できます」

     

    「経営の問題が解消します」
     

     

     

     

     

     

     

    ・・・というような経営本はたくさんありますが、

    (そして、ビジョナリー・カンパニーやドラッカー、

     

    コトラーなど「名著」と呼ばれるものもたくさんありますが)

    これほどまでに「偏った」評価の本を見たことはありません。

     

     

     

     

     



    この本、

    「たった1枚の」経営ツールを使うだけで、

     

    会社をスムーズに拡大、成長させることができる、

    というコンセプトなのですが、

     

     

     

     

     

     

     

    すでに30年以上の実績があり、

     

    4万社が導入している、というのです。
     

     

     

     

     

     

     

    この本の「経営ツール」は、

    ある経営者に40億円の資産をもたらし、

     

    ある会社を1,000億円以上の規模へと成長させたのですが、、、
     

     

     

     

     

     

     

    さて、それはどんな本でしょうか??

     

     


            ↓↓↓

     

     


    それが新刊本、

     

    「スケーリング・アップ」です。

     

     

     

             ↓

     

     

     






     

     

     

     

     

     

     
      人気ブログランキング

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     


    【人気本・超オススメ】広告の心理学

    0

       



      もしあなたが、

      売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。

       

      ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。

       

       

       

       

       

       

      ライバルの商品が売れて

       

      自分の商品が売れない理由を知りたい。

       

      そもそも反応の取れる広告とは何か?

       

      を知りたい。
       

       

       

       

       


      といったことに興味があるなら

       

      きっとこちらの「現代広告の心理技術101」

       

      とても役に立つでしょう。

       

       

       

       

       

       


       

       

       

       

       


      なぜならこの本は

       

      数多くの実験結果から導かれた

       

      「どうすればお客は行動を起こすのか?」

       

      という顧客の行動心理

       

      徹底的に解明した本だからです。

       

       

       

       

       



      メルマガやアフィリエイト、

       

      リスティングなどの

       

      ネット関連の広告に限らず、
       

       

       

       

       

       

      ダイレクトメールや雑誌広告などの

       

      オフラインの広告に至るまで
       

       

       

       

       

       

      文章で商品を販売する人間にとって

       

      顧客が何を考えて、どう行動するのか

       

      ということを”知っている”のは非常に重要です。

       

       

       

       

       

      というのも、

       

      広告を見た見込客が

       

      何に反応してどういうアクションを起こすのかという

       

      「広告の心理学」を知ることで

       

      実に簡単に商品を売ることができるからです。

       

       

       

       



      そして、この「広告心理学」を知っていれば

       

      高度なコピーライティングの知識も必要ありません。

       

       

       

       



      この本は

      ・パワフルな広告、パンフレット、

       

        セールスレター、ウェブサイトの作り方

       

       

       

      ・あなたの言葉を人に信じさせる方法

       

       

       

      ・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法

       

       

       

      ・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ

       

       

       

      ・広告で絶対にやってはいけないこと
       

       

       

       

       

       

      などなど、

       

      あなたが何をどう売っていようと

       

      こうした「秘密」を学ぶことができる

       

      特別な一冊になることでしょう。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       
        人気ブログランキング

       

       

       

      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       


      ブランディング

      0

         

         

         

        ブランディング

         

        聞いたことはあっても

         

        いまいち何のことやら・・・

         

         

         

         

         

         

        新商品に取り組むときに!

         

        新事業に取り組むときに!

         

        知っておきたい

         

        ブランディングについて

         

         

         

         

         

         

         

        私も新商品に取り組むにあたって

         

        あらためて「ブランディング」について

         

        知ってみようと思いました。

         

        どうもいまいちピンとこなかったんです。

         

         

         

         

         

         

        私が読んだ =1つ目のご紹介本=

         

        「ダイレクト・ブランディング」

         

        ダイレクトマ−ケティングの過程とともに

         

        ブランディングを構築し、強化することについて

         

        まとめられた書籍。

         

         

         

         

         

         

         

        ダン・S・ケネディが、

         

        セールスしながらできる

         

        ブランド戦略を徹底解説したものです。

         

         

         

         

         

         

        280ペ−ジ程の書籍ですが

         

        自分に必要なところだけ

         

        飛ばし読みしましたので

         

        あっという間に読み終えました。

         

        私は本を読むのが超遅いわけなのですが。

         

         

         

         

         

         

         

         

        で、内容自体は簡単でした。

         

        あとは自分のビジネスに

         

        有効な方法を選択するというところです。

         

         

         

         

           ↓

         

         

         

         

           

         

         

         

         

         

         

         

        つぎに =2つ目のご紹介本= ですが

         

         

        「ストーリーブランド戦略」という書籍です。

         

         

         

         

         

         

        こちらも

         

        必要なところだけ読みでしたので

         

        あっという間に読み終えました。

         

         

         

         

         

         

         

        米国で毎年3000社を超える企業が導入

         

        情報過多社会の中でも

         

        「売れる商品メッセージ」が作れる

         

        ストーリーブランド・フレームワーク

         

         

         

         

         

         

         

        ですが、それは?

         

         

         

         

         

         

         

        “混乱させたら負けだ。”

         

        一方で、情報を分かりやすく整理すると、

         

        消費者は関心を持ってくれる。

         

         

         

         

         

         

         

        ” 「メッセージが複雑すぎる」”

         

        これは多くの経営者や

         

        マーケティング担当者が犯す最大の過ち。

         

         

         

         

         

         

         

        多くの人は商品の魅力を知りすぎているがゆえに、

         

        商品のことをあれもこれも伝えようとする。

         

         

         

         

         

         

         

        ですが、情報過多の今の時代

         

        「メッセージの複雑さ」は悪。

         

         

         

         

         

         

         

        というのも、

         

        人は本能的に大量の情報が押し寄せると、

         

        それらの情報を拒絶するからです。

         

        とあります。

         

         

         

         

         

         

         

        実際、

         

        消費者が関心を持たない情報を

         

        発信し続けたために、

         

        廃業に追い込まれる企業も少なくありません。

         

         

         

         

         

         

         

        では、

         

        どうすれば、消費者が耳を傾け、

         

        反応してくれるようになるのでしょうか?

         

         

         

         

         

         

         

        どうすれば

         

        あなたの商品・サービスのメッセージは

         

        死ぬことなく、消費者まで届くのでしょうか?

         

         

         

         

         

         

         

        その解決策は言葉の伝え方、

         

        さらに言うと、

         

        売れる商品メッセージを作る

         

        「伝え方の枠組み」を知ることにあります.

         

         

         

         

         

         

         

         

        このメソッドを開発したドナルド・ミラーは

         

        一流のベストセラー作家であり、

         

        ストーリーブランド戦略を広める

         

        ストーリーブランド社のCEOです。

         

         

         

         

         

         

         

        ストーリーブランド・フレームワークを導入する会社は

         

        全米で毎年3000社以上。

         

        米国の名だたる企業が

         

        自社の商品PRやブランディングに取り入れ、

         

        「最強のマーケティングツールだ」と賞賛されています。

         

         

         

         

         

         

        ストーリーブランド・フレームワークは

         

        売れる商品・売れる事業コンセプトを作る

         

        「伝え方の枠組み」です

         

         

         

         

         

         

         

         

        あなたは

         

        何千年も前から効果実証されてきた

         

        7つの要素で構成される、 このフレームワークに従い、

         

        一つ一つの質問に答えていくだけで、

         

        お客さんに感動を与え、

         

        商品やサービスの魅力を最大限に引き出す、

         

        シンプルで力強いメッセージを作ることが

         

        できるようになるでしょう。

         

         

         

         

         

         

         

         

        売っている商品・会社のビジョンには自信がある!

         

        そんな時に、

         

        「ブランド」についてわかりやすく

         

        読むことができます。

         

        私の場合拾い読みでしたが。

         

         

         

         


            ↓

           

         

         

         

          

         

         

         

         

         

         

         

        P.S

         

        ブランディングの実践について

         

        自分のリアルなビジネスの場合ですが

         

         

         

         

         

        新しい分野に取り組むときに

         

        顧客側から見て

         

        いったい何の分野なのか

         

        何が行きつくところなのか

         

         

         

         

         

        自分では分かっているつもりなので

         

        思い込みに気づかずに

         

        あいまいな表現のままに

         

        してしまいます。

         

         

         

         

         

        あと、商品名なども

         

        覚えられにくい名称を

         

        自分では良かれと思ってつけるわけですが

         

         

         

         

         

         

        相手にとっては覚えにくい

         

        長すぎたり、

         

        ゴロが合わなかったりです。

         

         

         

         

         

         

        ブランディングの手前のようなお話に

         

        反省しきりなのですが。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         
          人気ブログランキング

         

         

        にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         


        億万長者の不況に強いビジネス戦略

        0

           

           

           

           全ての成功は個人的な決断から生まれる?

           

           

           

           

          ビジネスで成功するために
           

          一番大事なものはなんだと思いますか?

           

           

           

          商品でしょうか?
           

          知識でしょうか?
           

          それとも人脈?

           

           

           

           

          もちろんどれも大事ですが、
           

          実は一番大事なのはビジネスに対する
           

          マインドセット(考え方)です。
           

           

           

           

           

          このマインドセットが弱いと

           

          どんなにいい商品や

           

          並外れた知識があっても成功できません。

           

           

           

           

          逆にマインドセットが強いと

           

          多少のハンデを乗り越えることも

           

          そう難しくありません。

           

           

           

           

          億万長者メーカーのダン・ケネディは

           

          この本の中で延々とマインドセットの話をしています。
           

           


           

           全ての成功は個人的な決断から生まれる。

           

           

           

           

          この本、億万長者のビジネス戦略の中で

           

          ダンケネディはこう言っています。

           

           

           

           

           

          もし、商品もあって知識もあるのに上手くいかない。
           

          そんな方はこの本を読んでみてください。

           

           


             ↓

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           
            人気ブログランキング

           

          にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           


          相場で勝つ魔法の投資法はあるのか?

          0

             

             

             

            相場というのは、

             

            「安く買って高く売る、

             

            高いときに 売って安く買い戻す」

             

            という行為を繰り返すことであり、

             

            商売となんら違いはありません。

             

             

             

             

             

             

            設備に投資し、

             

            その設備によって投資金額の

             

            何倍もの額を回収する。

             

            こういったものも投資です。

             

             

             

             

             

             

            目の前のチャートに向かって、

             

            クリックを繰り返すことだけが

             

            投資ではありません。

             

             

             

             

             

             

            では設備投資をし、

             

            それを利益につなげることに

             

            魔法のような投資法
             

             

             

             

             

             

            はあるのでしょうか?

             

             

             

             

             

             

            あなたが知りたいのはここですよね。

             

             

            もちろんそのようなものはありません

             

             

             

             

             

             

            誰もが利益を得られるわけではなく、

             

            失敗のリスクも考慮しなければならないのは、

             

            皆知っています。

             

             

             

             

             

             

            にもかかわらず、

             

            トレードに関してだけは、

             

            まるで勝っている人が特別な方法を

             

            知っているかのように

             

            考えてしまいます。

             

             

             

             

             

             

            また、そう思わせるような情報が

             

            氾濫しています。

             

             

             

             

             

             

            ですが、そんなものに

             

            お金をつぎこむだけ無駄です。 

             

             

             

             

             

            相場で勝つためには、

             

            そして勝ち残るために必要なものは

             

            そこにはありません。

             

             

             

             

             

             

            つまり、 何か方法を知ったら

             

            突然勝てるようになるというものは

             

            存在しません。

             

             

             

             

             

             

            トレードを行うとき、

             

            そしてなんのためにするのかを考えるときに、

             

            一攫千金を夢見てその方法を求め続けることが

             

            目的となっている

             

             

             

             

             

            のならば、少し考え直す必要があります。

             

             

            実は、トレードは稼ぐことを目的として

             

            するものではありません。

             


                ↓

             

             


             

             

             

             

             

             

            よいトレードをすることだけを

             

            心掛けた結果、富がついてくる

             

            トレードはこうあるべきなのです。

             

             

             

             

             

             

            そして、

             

            安定して勝っているトレーダーほど、

             

            特殊なことはしていません。 

             

             

             

             

             

            「理にかなった」ことをしているのです。

             

             

             

             

             

             

            そんな安定して勝っているトレーダーが

             

            どんなことを考え、

             

            どんなトレードをしているか?

             

             

             

             

             

             

            相場で勝つためには、

             

            そんな正しいトレードの知識を知ることが、

             

            結局は一番の近道になります。

             


                ↓

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


             

             
              人気ブログランキング

             

             

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             



            ご連絡メ−ルアドレス

            ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

            おねがいしま〜す

            人気ブログランキング

            Googleadsence

            にほんブログ村

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            書いた記事数:151 最後に更新した日:2019/02/17

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM